糖質をとらないとみるみるやせていく

ちまたで話題の糖質制限ダイエット。

その名の通り、糖質を食べないでやせようというダイエットですが、糖質といっても砂糖やスイーツをガマンすればいいというものではありません。糖質というのは、ご飯にもパンにもパスタにも、あるいはビールや日本酒にもたっぷりと含まれているのです。

簡単にいうなら主食、スイーツ、果物、いも類、ビール、日本酒などを食べなければやせるというのが糖質制限ダイエットです。その代わり肉や魚、揚げ物はたっぷり食べられるので「好きなだけ食べてもやせる」と、食べたい、でもやせたいと悩んできたダイエッターたちにダイエットの救世主として受け入れられてきました。

ではなぜ、糖質さえ制限すれば他のものを好きに食べてもやせることができるのでしょう。その理由をひもとくには、糖質の役割を知る必要があります。糖質が体にどんな働きをするかというと、体を動かすエネルギー源です。ご飯やいも類などの糖質を取ると消化の過程で分解され、「ブドウ糖」になる。体に吸収されたブドウ糖は、血液の中に入り、体中の細胞へエネルギーを届けることになるのです。

そこで問題になるのが、糖質をとり過ぎた場合。体の中でエネルギーとして使い切れないブドウ糖が血液の中にたくさんあり続けることになります。血液中にブドウ糖がどれだけあるかというのを示す数値が「血糖値」で、ブドウ糖がたくさんある状態が「血糖値が高い」状態となるのです。

血糖値が高い状態、つまり血液中のブドウ糖がダブついている状態というのは、血管に大きなダメージが与えられます。そこで「インスリン」というホルモンが働いて、ダブついているブドウ糖を脂肪細胞へ送り届けるのです。すると血糖値が下がり、脂肪細胞が増えることになります。これが、糖質をとりすぎると脂肪が増えるメカニズムです。

そこで「糖質制限」。糖質をとりすぎることがなければ、インスリンは出てきません。インスリンが分泌されなければ脂肪細胞へブドウ糖が届けられることもありません。これ以上は太らないことになるわけです。さらに、糖質が入らなければ体は何をエネルギー源として活動するかというと、体に蓄えていた脂肪やたんぱく質です。つまり、脂肪がどんどんと分解されエネルギーとして使われます。そのため、糖質をとらないとみるみるやせていくのです。

注意点はよりやせようと、野菜やこんにゃく、豆腐などの低カロリーメニューに走らないこと。前述したように体は糖質の代わりに脂肪やたんぱく質を分解してエネルギー源にしようとします。つまり脂肪だけでなく筋肉も落ちやすい状態になってしまうのです。肉や魚など、筋肉の元となるエネルギー源はしっかり摂取すること。それが健康的に糖質制限ダイエットをするポイントといえます。