ふるさと青汁は妊活にも有効な飲み物です

ふるさと青汁は健康に良いさまざまな栄養分が含まれています。ビタミンやミネラル、食物繊維など天然のエネルギーをそこからチャージすることができるのですが、実は女性が妊娠を希望する場合にも有効な飲み物なのです。ここではなぜ妊娠にとってふるさと青汁が好ましいのかを解説していきます。

妊娠に不可欠な栄養素、葉酸

妊婦さんや妊娠を希望している、いわゆる「妊活」中の女性に葉酸が効果的だという話はよく聞きます。これは葉酸という栄養素が、女性の卵子の染色体異常のリスクを軽減し、受精時に正常な細胞分裂が可能な状態を維持することができること、加えて、受精卵が子宮に「着床」する確率を上げる効果あるということによります。

妊娠そのものの可能性を高める「不妊」への改善効果ではなく、受精した場合の赤ちゃんの先天的障害を防ぐこと、および流産する可能性を減らすという意味合いになります。

妊婦さん向けに「葉酸サプリ」などが販売されていますが、化学的な成分も含まれている場合もありますし、摂取しすぎは逆にリスクも生じてしまいます。できれば自然の状態で葉酸を摂取したいものです。

青汁で葉酸を健康的に摂取!

そもそも葉酸はブロッコリーやパセリ、ケールなどの色の濃い葉物野菜に多く含まれています。単体ではなかなか量を食べることは難しいのですが、青汁のように濃縮されたジュース状になれば、そのまま食べるよりも多くの量を摂取することができます。

葉酸は水溶性のビタミン類であるため、茹でてしまったりすると水に溶けてしまいますが、青汁はそのまま葉物野菜をジュースにしたり、フリーズドライで細かく砕いているために、葉酸が逃げてしまうことがありません。

1パック(200cc)の青汁ですと、約40μgの葉酸が含まれています。もちろん、そのふるさと青汁の原料がケールがメインなのか、ブロッコリーがメインなのか、あるいはほかの野菜がメインなのかで変わってきますが、通常の食事に加えて1日杯飲むことで、葉酸の摂取に大いに役に立ちます。

酵素ダイエットは痩せやすい身体になる

若いころよりも食事の量は減っているのに、なんだか太ってきたと感じる人は少なくありません。それは体内の酵素が代謝のために使われる量が減ってくるためです。酵素というのは食べ物の消化や吸収、代謝を行う重要な働きをしています。

けれどもこの重要な酵素は年齢を重ねてゆくとだんだん減少してしまいます。酵素ダイエットというのは、その代謝を行う酵素の力を取り入れることで体内環境を改善して、体の代謝を上げ、痩せやすく太りにくい健康な体を作るダイエット方法です。

体内に酵素を取り入れるのに使用するのが酵素ドリンクです。酵素ドリンクは多くの新鮮な野菜や果物などを発酵させて作られる飲料です。酵素ダイエットは食事の代わりに酵素ドリンクを飲む方法で、食事からの摂取カロリーを大幅に減らすことができるようになります。

食事を制限するダイエット方法を行うと、確かに一時的に体重は減らすことができます。けれどもいつも通りの食事に戻した途端にリバウンドしてしまう可能性が高いというデメリットがあります。

酵素ダイエットなら、体に必要な栄養素はしっかりと補給できるので、リバウンドの心配がないのが大きな魅力です。

本来ならば体に必要な酵素を補うのは新鮮な野菜や果物からとるのが理想です。けれども酵素は熱に弱いので、そのためには加熱しない生の状態で毎日の食事の中で大量に食べ続けなければなりません。忙しい現代人が毎日の食生活でそれほど時間をかけることは困難です。

そんな時に利用したいのが酵素ドリンクで、食事の代わりに酵素ドリンクに置き換えても体には負担はかからず、むしろデトックス効果によって健康的にストレスなく痩せることができます。

しかもまったく食べないダイエット方法と違って、酵素ドリンクを飲むことで、つらい空腹感も感じなくて済み、そのうえ酵素ドリンクは飲んでみるとフルーティな味わいで飲みやすいものが多くなっているので、途中で挫折することなく続けやすいのが魅力です。