カテゴリー別アーカイブ: 成分

緑黄色野菜には他に代えられない長所が数多くある

厚生労働省は野菜を一日に350g以上摂取することを勧めています。

けれども実際には野菜350gという数字はなかなかに難しいものです。朝食はパンとミルク、もしくはコーヒーだけというケースが多いのではないでしょうか。昼食は会社の食堂でとれる恵まれている方もおられますが、たいていは外食、もしくはコンビニでお弁当やおにぎりを買って済ませる方が多いのではないでしょうか。

夕食も休日など時間のある日には手をかけて料理をしますが、平日の共働きの家庭では手間暇のかかる野菜料理に張り切って取り組む、というのは現実に厳しいと思います。

そこで不足する分の野菜量は野菜ジュースで補う、外食時には必ず野菜サラダを一緒に注文するなど、野菜の摂取法に工夫をこらしておられることでしょう。しかしここで問題なのが、野菜を摂っているといっても、そのほとんどが淡色野菜であるという事実です。サラダにはレタス、キャベツ、トマトですし、野菜ジュースには人参なども入ってはいますが、十分な量ではありません。

また野菜ジュースは野菜の苦みや臭みを消すためにゆでたり、いろいろな加工がなされていますので、本物の新鮮な野菜をじかに食べるのとは、栄養摂取の点でやはり大幅な違いがあります。緑黄色野菜には効用が多く、他に代えられない長所が数多くあります。まず代表格は人参・かぼちゃなどに含まれるβカロテンです。

これは体内でビタミンAに変換され、ガンや病気の予防効果が高いとされています。また皮膚や粘膜を強く丈夫にしますので、風邪予防にも効果的なのです。それだけではなく、肌にも潤いを与えるので、アメリカではビタミンA誘導体のレチノイン酸がFDAの認可を受けており、皮膚の若返りに著効があり、医師のもとで使用されているほどです。

緑黄色野菜にはビタミン・ミネラルも豊富で、ホルモン分泌を整える働きもあるとされています。食物繊維も豊富で、便秘予防にもなりますし、何よりも大腸がん予防に良いでしょう。このようによいこと尽くめの緑黄色野菜、自宅でどんどん常備菜として活用したいものです。 

ニンニクにはインフルエンザ、結核、コレラ、疫病にも大きな効果がある

地方によっては今だに疫病や魔除けとして戸口にニンニクを付ける風習が残っています。

これは迷信ではありますが、それなりの理由があるのです。ニンニクにはインフルエンザ、結核、コレラなどの疫病にも大きな効果がある事が昔から知られていたのです。

昔の人は戸口から中へ入ろうとした疫病神が、つり下げられているニンニクを目にしてこれは勝ち目がないと退散してしまうだろうと考えたのです。ちなみにガーリックオイルは12万倍に薄めても、コレラ菌などの有毒最近を殺すくらいの威力があります。

有機ゲルマニウムでがんの発生を予防する

ニンニクをおろした時に独特な臭いがありますね。あれはアリインという成分が、アリイナーゼという酵素の力で分解されて、アリシンという物質に変化したために起こるのです。

アリシンには強力な殺菌力があります。食品についたバクテリアはもちろんの事、体内に入った細菌やウイルスまでやっつけます。加えてアリシンにはビタミンB1の吸収を高めて、その作用を持続させる働きがあります。

一方でニンニクは有機ゲルマニウムとセレンをたくさん含んでいています。有機ゲルマニウムとセレンは生命維持に欠かせない酵素を運ぶ重要な役割を持っていると同時に、体内の有害な貴金属を除去する効果もあります。

ですからガンの発生を予防する事ができます。有機ゲルマニウムはまた、放射線による障害も緩和する事が出来ると言われています。さらにニンニクに含まれているスコルジンという物質も重要です。この物質は新陳代謝を活性化して、栄養分を完全燃焼させてエネルギーに変える作用があるので、体の免疫力を高めてガンの発生を抑える事ができるのです。

風邪の予防に最適

ニンニクは強壮、強精作用が有名ですがむしろ免疫力を高める作用の方が肝心です。肺に働いて、気道の粘膜を強化して風邪による気管支炎、喘息の発作を抑える事ができます。独特な臭いがするニンニクですがガンの発生を抑える効果も期待できますし、風邪をひいた時には摂取したいですね。

糖質をとらないとみるみるやせていく

ちまたで話題の糖質制限ダイエット。

その名の通り、糖質を食べないでやせようというダイエットですが、糖質といっても砂糖やスイーツをガマンすればいいというものではありません。糖質というのは、ご飯にもパンにもパスタにも、あるいはビールや日本酒にもたっぷりと含まれているのです。

簡単にいうなら主食、スイーツ、果物、いも類、ビール、日本酒などを食べなければやせるというのが糖質制限ダイエットです。その代わり肉や魚、揚げ物はたっぷり食べられるので「好きなだけ食べてもやせる」と、食べたい、でもやせたいと悩んできたダイエッターたちにダイエットの救世主として受け入れられてきました。

ではなぜ、糖質さえ制限すれば他のものを好きに食べてもやせることができるのでしょう。その理由をひもとくには、糖質の役割を知る必要があります。糖質が体にどんな働きをするかというと、体を動かすエネルギー源です。ご飯やいも類などの糖質を取ると消化の過程で分解され、「ブドウ糖」になる。体に吸収されたブドウ糖は、血液の中に入り、体中の細胞へエネルギーを届けることになるのです。

そこで問題になるのが、糖質をとり過ぎた場合。体の中でエネルギーとして使い切れないブドウ糖が血液の中にたくさんあり続けることになります。血液中にブドウ糖がどれだけあるかというのを示す数値が「血糖値」で、ブドウ糖がたくさんある状態が「血糖値が高い」状態となるのです。

血糖値が高い状態、つまり血液中のブドウ糖がダブついている状態というのは、血管に大きなダメージが与えられます。そこで「インスリン」というホルモンが働いて、ダブついているブドウ糖を脂肪細胞へ送り届けるのです。すると血糖値が下がり、脂肪細胞が増えることになります。これが、糖質をとりすぎると脂肪が増えるメカニズムです。

そこで「糖質制限」。糖質をとりすぎることがなければ、インスリンは出てきません。インスリンが分泌されなければ脂肪細胞へブドウ糖が届けられることもありません。これ以上は太らないことになるわけです。さらに、糖質が入らなければ体は何をエネルギー源として活動するかというと、体に蓄えていた脂肪やたんぱく質です。つまり、脂肪がどんどんと分解されエネルギーとして使われます。そのため、糖質をとらないとみるみるやせていくのです。

注意点はよりやせようと、野菜やこんにゃく、豆腐などの低カロリーメニューに走らないこと。前述したように体は糖質の代わりに脂肪やたんぱく質を分解してエネルギー源にしようとします。つまり脂肪だけでなく筋肉も落ちやすい状態になってしまうのです。肉や魚など、筋肉の元となるエネルギー源はしっかり摂取すること。それが健康的に糖質制限ダイエットをするポイントといえます。

キムチと納豆でおいしく便秘解消!

便秘解消のためには、食物繊維を多く摂るのが良いという話をよく耳にします。

果物であれば、バナナやイチゴなどが代表的なものとして一般的に知られていますが、実はリンゴも食物繊維たっぷりな果物なのです。

リンゴを丸ごと1個食べると、結構お腹も一杯になりますから、バナナ同様、朝食にも最適です。また、夕飯後の夜食にも良いでしょう。

お菓子を食べる代わりにリンゴを食べる習慣がつけば、便秘解消につながりますし、ダイエット効果も期待できます。なかには、「リンゴは皮をむくのが大変」と思っている方もいるでしょう。

確かに少々時間がかかりますので、どうしても面倒だという方は、バナナなどの別の果物や野菜と一緒にジューサーにかけて自家製健康ジュースを作るという方法もあります。

またその他にも、リンゴを煮て、それにヨーグルトやシナモンをかけても美味しく食べられますので、ぜひ試してみてください。このリンゴ生活を続けると、1週間程度で必ずお通じに変化が現れるはずです。

発酵食品ならキムチが一番!

最近、新聞や雑誌・TVなどでも見聞きするようになったキムチによるお通じ改善法。発酵食品が便秘に効くという話は誰もが一度は聞いたことがあると思います。

なかでもヨールグトやチーズは最もよく知られている食品です。もちろんこれらを摂取することで便秘が改善したというケースも多いでしょう。

ただ、それ以上に今注目を集めているのがキムチなのです。韓国の方があまり便秘にならないというのは、キムチを多く食べているからとも言われるほどです。

あまり多く食べ過ぎると、臭いの面で心配が生じると思いますので、毎日少しだけでもいいので食べることをおすすめします。例えば、チャーハンを作る時にも、キムチチャーハンにしてみるなどの工夫をしてみると良いかもしません。

健康食品の王様「納豆」で快便生活を!

さて、最後にお伝えしたいのが、納豆生活です。

納豆は言わずと知れた健康食品ですが、納豆を食べる習慣がある人は便秘になりにくいと言われています。

ネバネバ系の食品は、血液をサラサラにする効果がありますから、便秘のためだけに限らず、できれば毎日食べるようにしましょう。
これまで紹介してきたリンゴやキムチと合わせて、納豆を食べることを習慣化すると、便秘に悩まされることは殆どなくなるはずです。

あとは、水分を多めに取ることも忘れないようにしてください。

便秘が特に酷いという方は、これらの食品を1日や2日ではなく、毎日食べるということがポイントです。
もちろん可能な範囲で構いませんので、これらの食品を意識して摂取することを心掛けてみましょう。

マグネシウムの便秘への効果

マグネシウムは体のさまざまな働きに関係している栄養素ですが、便秘解消にもよいです。

マグネシウム系下剤というものがあるほどです。マグネシウムの便秘への効果とはどんなものでしょうか。

マグネシウムの働き

水分摂取量が少なくなると、便が固くなって排便しにくくなります。排便しにくくなって便が長く停滞し、さらに水分が吸収されてしまうという悪循環になります。

マグネシウムには水分を吸収する働きがあり、便に水分を引き込んで柔らかくする働きがあります。

柔らかくなることで排便しやすくなります。便に水分が含まれることで膨張し、腸を刺激して働きを活発にする作用もあります。

マグネシウムが多い食品

マグネシウムが多い食品は、植物性食品ではココア・ひじき・昆布・アーモンド・ごまなどです。動物性食品ではさくらえびやイワシに多く含まれています。

植物性食品は食物繊維が豊富なことも便秘解消によいです。食物繊維を摂ることで便の嵩が増したり、腸の働きが活発になって排便が促されます。

特に海藻類やココアに食物繊維が多く含まれています。現代人は海藻を食べる機会が減っていますが、水で戻したパック入りのものやお総菜なども売られているので、上手く活用して普段から食べるように意識してみましょう。一緒に水分を摂ることも忘れないでください。

マグネシウム系下剤

マグネシウム系下剤には酸化マグネシウムが使用されています。

センナやアロエなどを配合した下剤は、無理に腸を刺激するので腹痛が起こったり、次第に耐性ができて使用量が増えてしまいます。使い続けていると自然排便ができなくなることもあります。マグネシウム系下剤の場合はこのようなことはありません。

マグネシウム系下剤は空腹時にたっぷりの水分と一緒に飲みます。水分摂取量が少ないと効果が表れにくいので、コップ1杯以上の水と一緒に飲みましょう。

マグネシウム系下剤での副作用の心配はありませんが、マグネシウムの処理が低下している腎疾患の方は控えてください。